英国レスター大学長が行った基調講演

科学に対する理解と支援を促すシンポジウムは、2015年に東京で行われています。その講演を行った内容には、英国レスター大学長のポール・ボイル氏が行った基調講演があります。それは科学上のブレークスルーに関するグロバルシンポジウムでは、研究費の支援が脅威にさらされている事を訴えた内容です。英国レスター大学長であるポール・ボイル氏は、Science Europe前理事長を務めた経歴の持ち主です。

Science Europe前理事長の経験をもとに科学の発展は、世界の経済に貢献しています。しかし科学に対する信頼度は、一般の国民にとって科学に関する信頼が揺らいでいる現実を訴えています。この点に関しての原因問題は、研究員のキャリアを重視するあまりに科学研究内容が過度の宣伝等で、現実から逃避した内容である事が問題視されている為です。

ですから研究の発展段階を構築する制度構築の必要性を強く訴えています。ポール・ボイル氏は、Science Europe前理事長からの経験で感じた内容発言は、グローバルシンポジウムで基調講演を行った内容です。また英国レスター大学長であるポール・ボイル氏は、基礎研究と応用研究のバランスの大切さも強く述べています。

バランスのある研究から信頼度を勝ち取る事が重要で、バランスの良い研究から理解が生まれます。科学上のブレークスルーに関するグローバルシンポジウムでは、実践方法も含めて研究のインパクトを評価するシステム構築が必要であると最後に述べています。

インパクトとは、影響力を意味する言葉の事です。研究の影響力評価システムは、卓越した研究は何であるかを述べています。これもポール・ボイル氏のScience Europe前理事長からの経験で得た事で、基調講演の内容が誕生した経緯です。欧州の経験で感じた影響力評価システムの構築は、科学上のブレークスルーに関するグローバルシンポジウムでの基調講演でも話題になった講演内容です。